不妊治療の費用について教えて!

不妊治療には検査から始まり、人工授精、体外受精、顕微授精という段階を踏んだ治療になります。

 

まずは検査です。これはホルモン状態やきちんと排卵しているか、あと男性の精子の状態を調べる検査があります。これらの費用はほとんどが保険の効く検査がなので、全て検査しても1~2万円です。

 

次に卵管造影検査があります。これは卵管が正常に通過しているかどうかを調べるものです。費用は1万円前後です。卵管造影検査に異常がない場合は人工授精を行います。人工授精は自費診療になりますので、クリニックによって金額が違いますがおおよそ1万~3万円ほどです。

 

人工授精でも妊娠しない場合は、体外受精を行います。体外受精は採卵といって、女性の卵巣から卵子を採取し、体外で精子と受精させる方法です。体外受精も自費診療なので、クリニックによって金額に大きな差があります。総合病院などは20万~と比較的安いですが、不妊治療専門クリニックだと30万~40万円と高額になります。

 

また顕微授精は培養師が直接卵子に精子を受精させるので、さらに5万~10万円追加となります。そして受精卵が出来たら女性の子宮に移植します。移植費用は10万~20万円です。このように不妊治療は自費診療なので、治療する病院、クリニックによって金額に大きな差があります。

 

クリニックによっては説明会を行っている場合もあるので、参加してから通院するクリニックを決断しても良いでしょう。