不妊治療に踏み切るタイミングって?

妊娠したいと思って、妊活をしているのにも関わらず、妊娠することができずに2年間経ってしまったという場合は、妊娠ができない何かしらの原因がある可能性がありますので、不妊治療の検査を受けに行くことをお勧めします。

 

特に問題がない夫婦であれば、2年間妊活をすればだいだいの夫婦が妊娠するものですので、妊活を始めてから2年経ってしまった場合は、不妊治療の検査を受けに行くタイミングです。

 

また高年齢な場合で、少しでも早く妊娠したいと思うのであれば、2年間を待たずに、妊娠したいと思った時を不妊治療の検査を受けに行くタイミングにするとよいと思います。

 

検査を受けることで分かることはたくさんあります。検査の結果、特に夫婦共に原因などが見つからなかった場合は、妊娠しやすい日を教えてもらうことができるタイミング法などから始める場合が多いです。人工授精までであれば、健康保険の適用範囲になることがほとんどですので、ものすごく高額な費用がかかるということもないので、安心してまずは検査を受けに行くことをお勧めします。

 

原因が分かれば、様々な不妊治療を行ってもらうことができますので、妊活を始めてから2年経っても妊娠できないという場合は、早めに検査に行くことがとても大切です。

 

検査に行く際には、スムーズに検査を進めることができるように、夫婦で検査を受けに行くことをお勧めします。どちらに原因があるかというのは分からないので、同じタイミングで検査を受けに行くことが大切です。